ヘリコプター&ドローン空撮で驚きと感動の映像を

  1. Japanese
  2. English

ドローン空撮

ビジネスチャンスを広げる空撮

ドローン規制の改正航空法が2015年12月10日に施行されました。
これにより、ドローンを飛行させるには国土交通大臣や場合により各空港事務所それぞれにあらかじめ許可を受ける必要があります。
(許可が必要のない空域もあります)
弊社ではすでに撮影の実績を重ねており、更には撮影頻度も高い為、国土交通省より「包括許可」を取得しております。
こちらの包括許可により、特定の条件下でドローン撮影をする場合には申請の必要がなくなりました。
しかしながら撮影の条件により別に申請が必要になる場合もありますので、なるべくスケジュールには余裕をお持ちの上、詳しくはお問い合わせ下さい。
よくある質問]の中の「許可を取る必要はありますか?も併せてご覧下さい。

ドローン

ドローンは複数のプロペラとフライトコントローラー(機体安定装置)により水平安定飛行を可能にし、「ヘリコプターの最低安全高度300m以下・撮影用クレーンの限界以上」という従来の空撮では不可能な高度での撮影を実現します。
人の目線ほどの高さからの移動撮影、屋内を漂うような撮影などの画期的な空撮も行えます。

機体も小型高性能なHDカメラ搭載タイプからデジタルシネマカメラ搭載の物まで各種取り揃え、テレビ番組や映画、コマーシャルクオリティまで対応します。またデジタル一眼レフカメラを搭載して写真撮影にも対応しますので、印刷物やホームページの用途でもご利用いただけます。

施設や敷地の広大さなどを立体感あふれた斬新な映像で表現します。
ヘリコプター空撮との組み合わせで映像表現はさらに大きく発展させます。

ドローン撮影の活用例
  • 映画・ドラマ・CM
  • 企業VPでの施設紹介
  • 観光案内などの景観映像
  • 会社案内パンフレット・ホームページの写真
  • 災害記録など、人の立ち入りが困難な場所からの記録

放射状に4枚、6枚、8枚のプロペラを配置するユニークなフレームデザインが特徴。回転方向の異なるローターの差動推力を調整して、安定した飛行を可能にしました。

ドローン機体紹介

料金構成

  • カメラマン&オペレーター(場合によりアシスタント追加)
  • 撮影機&カメラ
  • 予備機&予備カメラ
  • バッテリー
  • 車輌

上記を含んだ基本パッケージをご用意しております。

※首都圏外の撮影の場合、交通費は実費で頂戴します
※移動日:50%
※キャンセル費:3日前~前日はお見積金額の50%
当日はお見積金額の100%
撮影の内容と使用する機体により料金が変わりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。




 

ドローンデモ

よくあるご質問
お問合せはコチラ

Page Top